スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


消費者金融業者とは 

消費者金融は、昔消費者金融と呼ばれていたものに似ています。消費者金融を扱う業者を消費者金融業者と呼びます。

急ぎでお金が必要な時に、比較的に緩い条件でお金を貸し付けてくれるので、いざという時に重宝します。消費者金融と呼ばれるものです。消費者金融と同じ役割ですね。何かと怖いイメージがいっぱいの消費者金融業者。消費者金融業者とはいったいどんな業者なのでしょう。消費者金融は一般の人々に小口の融資をし返済時の利子によって利益を得ます。

銀行から貸し付けを希望する時は消費者金融よりずっと審査に時間がかかりますし、限度額も厳しく担保を決めた上でなければ融資がされません。

担保とは、返済の不履行に備えて用意するものです。借りたお金の返済が滞った場合、担保が銀行に提供されることになります。また借りた人は銀行に利子をつけて返さなければなりません。この利子が銀行の儲けになるのです。

消費者金融の場合は審査の時間が短く、担保なしでお金を借りることができます。必要なものは保険証や免許証だけで、ただしその分金利が高めです。もし借りたお金を返せない人がたくさん出てきたら、貸す側は損ばかりです。

消費者金融業者は返済不履行者の損を穴埋めするために、金利を高く設定し利息を多めに回収しています。消費者金融を利用する方法は顧客のニーズによって多様化しつつあり、全国各地にある無人機やATMが使われています。

パソコン画面からインターネットで申し込みをする方法も増えてきて、従来より簡単に融資を受けやすくなっています。ですが、審査が甘く借りやすい業者の中には、非合法の悪質な闇金業者もいます。消費者金融からお金を借りる時は、借り入れから返済までの全体像を把握し、賢く使うことが必要です。



キャッシングローンの返済方法 

キャッシングローンを利用する時は、計画的に行いましょう。一歩間違うと、借金返済のために生活が犠牲になったり、人生設計が壊れてしまいます。

キャッシングローンを借りなくていいなら、それに越したことはありません。生活苦でどうしてもお金が足りない時、今後の収入の見込みがないから必要な時。そんな時は返済能力があるとは思えないので、サラ金で借りない方がいいのかもしれません。

キャッシングを使うことで便利な買い物が可能で、かつ返済のめどが立っている時は大丈夫です。サラ金で借りていいのは、そんな余裕がある時かもしれません。その時は、金利のことをよく頭に入れて、確実な返済計画を考えてください。


返済計画を考えるときには、できれば3ヶ月程度で完済することが望ましいのです。長くても半年が限度です。長すぎる返済計画では、何事もなければいいですが思いがけない人生の変化などに対応できないかもしれません。

予定に狂いが生じても返済できる額での計画を立てることが大事です。返せない額のキャッシング利用は論外ですし、返済までに何年もかかるようなお金を借りることも危険が多すぎるのでやめましよう。


無理なキャッシングをして、わざわざ自分からトラブル源に足を踏みれる事はありません。同時に悪徳業者を知る知識も持っておきます。生活の質を維持することを大事だと考えるならば、どれだけ万端の返済準備を整えていても、よからぬ業者の手にはまってしまっては元も子もありません。



消費者金融などのトラブル 

消費者金融などで出来る限り安い金利でお金を借りたい。もっと旨い具合にお金を借りられるところはないか。など、借り手はたいていこう思うでしょう。

この場合違法な手口を使う悪質な金融業者は、このような消費者の願いを逆手に取って利益を得る手口をいくつも持っています。「低金利で融資をします」という、いかにももっともらしいチラシやダイレクトメールを使って客をおびき寄せる、紹介屋という人たちがいます。

この時紹介されるのは、チラシを扱っているところとは全く別の業者なのです。彼らは、実際は紹介も何もしていません。それでも手数料がかかると称して法外な額を要求し、関連性のないサラ金業者を勧めるのです。

また、整理屋と呼ばれる手口があります。これは多重債権者に低金利でのローンの一本化を勧めるという形で声をかけてきます。弁護士が債権者(サラ金業者)の間に立って債権を整理することができるという話をされ、キャッシングを整理したようなふりをして以前よりは少ない返済額を求めてきます。いい話のようにも聞こえるのですが、実際はその金は返済されず、整理屋の懐に収められてしまうという仕組みです。


また払込金を整理手付金として取られたり、債務がなかなか減らず、結局は損をするだけの悪質な手口です。闇金融というのもよく聞いたことがあるでしょう。

闇金融は出資法の上限金利29.2%を大幅にオーバーした高金利でお金を貸す無登録の業者です。例えば10日で1割は、年率365%という高金利になります。人の困っているところにつけ込むことは、悪質な業者の常套手段です。融資条件や審査条件のよさそうな話には裏がある可能性がありますので、高額融資や低金利をうたう広告には十分に注意をしましょう。

キャッシングのブラックリスト 

消費者金融を利用するときには必ず審査というものが存在しますが、そのローン審査がぜったいに通らない人がいます。それはいわゆるブラックリストというものにのっている人です。

ブラックリストというのはどんなものなのでしょうか。ブラックリストと聞くとなんとなく要注意人物の名前が載った名簿のようなものを想像してしまいますが、実際はそうではありません。

ブラックリストとは実は個人信用情報機関というところに一定期間のクレジット支払いが遅れた人の情報が登録されているリストのことです。通常の返済の遅れと一線を画した情報として、3ヶ月もしくは12ヶ月の延滞記録は残されます。正確には、これらの延滞記録は遅延情報、事故情報、移動情報などと呼ばれています。


ここに情報が載ることをいわゆるブラック情報と呼び、ブラックリストととはこのことなのです。ショッピングローンを利用しようと思ってもこのブラックリストに載っている場合はまず不可能だと考えてよいでしょう。


どのくらいの支払い遅延からこのブラックリストに登録されるのでしょうか。それは本来の支払い期限から3ヶ月支払いが遅れた時点で登録され、事故扱いとなり事故情報が登録されてしまうのです。


このブラックリストの事故情報は登録されてから最低5年間は消えません。この情報が消えるまではショッピングローンはおろかどんな融資(住宅ローンなど)も受けることができません。

どんな融資も審査を通らないと利用させてもらえませんし、信用情報機関に事故情報が載っている限り審査は通りません。


この間に融資を受けることは非常に困難です。たとえどんな理由であれ、一度でも返済を滞らせてしまうことでその後の影響は甚大です。返済に困るようなことにならないよう、ショッピングローンを組む時でも返済は計画的に行いましょう。

信販系クレジット会社のカードについて 

信販系クレジット会社のカードを一枚持っていると、ショッピングローンを活用したい時に重宝します。

信販系カードはショッピングローンとカードローンキャッシングとの使い分けが容易で、高価な買い物をしたい時と今すぐ現金を必要としている時の両方に役立ちます。

さらにショッピング枠はほとんどの信販系クレジットカード会社が無利息です。更に、信販系のカードではショッピング枠を使って買い物をするとポイントが貯まり、貯まったポイントで新たなサービスを受けられるという利点もあります。


またカードローンも低金利で利用できるというメリットが信販系クレジットカードにはあります。信販系クレジットカードの審査ですが、銀行系より審査が早く、1日で発行してくれるところもあります。


逆にデメリットとしては銀行系のカードローンと比べると信販系クレジットカードは金利利息が高いという点です。信販系クレジットカードの特徴を把握して活用できるなら、いざという時のために持っているのもいいでしょう。


一般的に信販系クレジットカードを扱っている会社としては、オリエントコーポレーションやアプラス、ジャックスなどの会社です。これらの信販系会社が発行しているのが信販系クレジットカードと呼ばれるものだと覚えておくとよいでしょう。

生活の中では、信販系クレジットカードを一枚持っておくと有利な点がたくさんあります。それを上手に生かしてショッピングローンを上手に利用したいものです。

借り入れの注意点
消費者金融の借り入れをするときの 審査の方法や注意点


審査や金利などをよく理解してから借り入れを行い、無理な計画を立てないようにするためには?
FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。