スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クレジットカード利用の限度額 

カードには限度額がそれぞれ設定されています。カード利用限度額は1人1人の審査結果に応じて決まり、その中で融資を受けられます。消費者金融の審査基準に合致する人ほど高い限度額で融資をしてもらえます。

銀行系の消費者金融は大口融資が売りです。銀行系キャッシングとは銀行を母体にした消費者金融で、モビットやDCキャッシュワンなどです。融資の限度額としては、約300万円程度がかなり高い部類です。

消費者金融では、この他にも高いお金を融資してもらえるところはあります。消費者金融の限度額は、最初に決めた限度額が利用状況によって減ることも増えることもあります。限度額が減ることのないよう、返済を滞らせないようにすることが借りやすい状況を維持する第一歩です。

消費者金融は「信用」した人に対しては限度額をアップしてくれることがあります。返済を計画的に行うことで信用が上がりますが、返済を滞らせると信用を失ってしまいます。


また、契約時の審査で高めの限度額だったとしても、転職や引越の連絡をせずに放置しておくと信用は失われ以後の限度額が下がります。カードキャッシング会社と良好な関係を作っておくことが、借り入れがしやすい状況を作り続けるコツです。

キャッシングの返済方法について 

キャッシングで融資を受ける前に、返済計画をしっかり立てることがキャッシング利用のコツですが、返済方式は銀行毎に少しずつ違います。

この場合、カード会社によっては、少しわかりにくい言葉や計算方法もあるかもしれません。しかし、返せないお金ならば最初から借入を行うべきではありません。借りたはいいけれど返せなくなった、ということのないよう返済手順は把握しておくべきです。

例えばキャッシング返済について何回払いで何円ずつ返済するか、最終的な利息はどの程度かくらいは大まかにでも確認し目途を立てておきましょう。現在では、リボ払いと呼ばれるリボルビング返済方式が銀行系キャッシングの主流な返済方法です。

リボ払いは限度額までなら何回借り足しても返済額が一定で、返済回数でなく返済額で条件が決まる方法です。また、通常のリボルビング返済では返済額が一定のため、限度額いっぱいまで借りると利息を払うだけで終わってしまい、元利残高がなかなか減らない事態も起こりえます。

そんな状況に対応するためにあるのが残高スライド方式です。リボルビング払いにスライド性を組み合わせ、残高に応じて段階的に返済額が決まるものです。

このとき、返済日には30日あるいは35日サイクル、毎月一定日などの方法があり、銀行毎に異なります。なお、指定された返済日は最低限度返すべき金額であり、規定の額より多く返しても問題はありません。金利は日割りでつきますので、返済日が早いほうが少ない利息で返せます。1日でも早く返せた方が、最終的に支払う総額が少ないのです。



初心者のためのキャッシング選び方 

カードキャッシング会社には色々ありますが、銀行が母体となって運営されているものを一般に銀行系キャッシングと呼びます。お金を借りることに不安がある人でも、名前を知っている銀行がバックにあると警戒心が解けやすく、初めてでも気楽にお金を借りにいけるようです。

以前まで、銀行のキャッシングは個人向けには行われておらず、お金の借りることはできませんでした。現在では、銀行は収益を上げるために積極的にキャッシング市場に入ってきています。


そして銀行系という信用力で消費者を取り込みたいと考えています。個人に向けた融資を行っていなかった銀行は、ノウハウがありませんでした。そのため、銀行はキャッシングの会社を新しく作るために消費者金融の専業会社と提携をしてノウハウを取り入れました。

銀行系キャッシングにおいて約17%が、銀行系の消費者金融会社の平均実質年率です。他のキャッシングサービスに比較して低金利です。しかし審査に時間がかかるのでタイムリーな利用は難しいでしょう。

銀行系キャッシングの利用はお手軽にはいきませんが、多くの融資を長期に受けたい時に向いています。返済時の金利は月割で、決まった返済日に口座から引き落とされるシステムです。



消費者金融の申込時の注意点 

消費者金融に申込をする前に確認しておくことについて

消費者金融などカードキャッシング会社に借入を申し込む前に確認しておきたいことがあります。
それは、他にお金を借りる方法や本当に必要かどうか考えることです。


例えば、他にお金を借り入れる方法はなにかと考えると、まず第一に頭に浮かぶのは親や知人から借りることかもしれません。さらには、会社の上司、恋人、親戚から借りるならば無利息での借金も可能で、金額によっては即日お金を借りることも可能です。この場合には、いざとなれば返済を延ばしてもらうこともできるでしょうし、互いに人となりを知った上での貸し借りだから、できることです。納得のいく、安全なお金の借り方ということができるでしょう。


ただし、もしお金を借りることが出来たとしても、今後の関係に支障がないよう、信頼関係を維持するための配慮が必要です。たとえ法的拘束力はなくても、返済期日や方法を明記した書面を残しておいた方がよいでしょう。



その他にお金を借りる方法には、会社から前借りをするという方法があります。社員の融資を制度化しているという会社も実際にあるので、調べて頼んでみる価値はあるでしょう。その他には国や公的機関、保険会社からお金を借りるという方法もあります。


最後にお金を借りたい人が頼るところは、消費者金融による借り入れになるでしょう。返済時に金利も返すことになる消費者金融のキャッシングですが、融資先様々にあるのでそれを選べば少々条件がある人でもお金を借りることができます。今までのプライベートなつきあいに影響を与えることもないので、誰にも知られずにお金を借りることができるのです。



消費者金融でお金を借りるには? 

消費者金融は、以前に比べればイメージアップのCMなどのおかげでお金を借りやすくなり、無人自動支払機の増加などの便利性もあってずっと気楽に利用できるようになりました。
消費者金融を利用してお金の借り入れを行う人も増えているようです。

近頃はお金を借りようとする場合、家族や親戚よりもまず先に消費者金融を頭に浮かべる人も多いのではないでしょうか。

しかし、消費者金融で借り入れを行う人が増えたからといって、お金を借りる方法があるのだからと気安くお金を借りると危険です。簡単にお金の借り入れができる会社は、その分だけ回収(取り立て)に自信があるのだともいいます。楽にお金を借り入れする方法があるからとはいえ、消費者金融などのキャッシング会社を利用する時にはきちんと心がけておくべきことをしっかり守りましょう。


さらに、返済日を守って計画的に支払っていくために、キャッシングで借りたお金は自分のお金ではないということを自覚しなければなりません。そのためにも、お金を借りる時に返済方法の見通しを立てておき、返済可能な範囲の額を借りることです。


消費者金融でお金を借りる金額の目安としては、返済額は月の収入の20%が限度です。仮に支払いができなくなったことを想定して、それにかわる資産かあるかどうかを確認するとなお安全です。

キャッシングでお金を借りる時には、利息の仕組みや返済方法を事前に知っておくこと、金利の安いところを探すことも大事です。
いくらお金を借りる方法がるとしても、返す方法がなければ、それは多重債権者の道をいくことになるのです。

お金を借りる前に、最初に戻って考えてみて、本当に必要なお金なのか、キャッシング先はそこでいいのか、そういうところから考えて、消費者金融やキャッシングなどのお金を借りるようにしましょう。

借り入れの注意点
消費者金融の借り入れをするときの 審査の方法や注意点


審査や金利などをよく理解してから借り入れを行い、無理な計画を立てないようにするためには?
FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。