スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


消費者金融と金利 

消費者金融が一般的になる前にはサラ金業者がありました。サラ金を利用する際に、最初に確認すべきことは金利についてです。

金利をあまく見ていると大変なことになってしまいます。金利についてはしっかりと把握しておきましょう。金利とは、単純にいってお金を借りる際に発生するレンタル料です。

契約時に決めた金利に基づいて計算した利息を、借りたお金に加えた額が返済総額です。つまり、借入金より高い金額を返済しなければなりません。
金利は現在、利息制限法と出資法の二つの法律の規制の元、サラ金業者を含め金融業者各社が独自の設定を行い決定されており一定ではありません。

出資法の上限金利は年率29.2%で、1年後に返済した利息が元金の29.2%を越えた場合は違法として罰せられます。利子が大きすぎないかは必ず確認しましょう。

金利の上限である29.2%は2006年9月に20%に引き下げる見直し案が国会で了承されました。具体的な引き下げは法改正から3年後、その後2年間に限り25.5%までの金利を認めるとしています。

金利上限や仕組みについては、サラ金を利用する前にしっかりと調べて知っておくべきでしょう。返済が終わるまでの時間を長く設定するほど利息は増加します。

利息は日割り計算なので、100万円を年利29.2%で借りて10回に分けて10ヶ月で返済する場合と20回に分けて20ヶ月で返済する場合は、利息にかなり差が出ます。月々10万円ずつの返済では1年間近くかかって利息は15万円程度ですが、3万円ずつ返済する時は6年近くかかり、利息だけで100万円を越えるのです。
スポンサーサイト


借り入れの注意点
消費者金融の借り入れをするときの 審査の方法や注意点


審査や金利などをよく理解してから借り入れを行い、無理な計画を立てないようにするためには?
FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。