スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


消費者金融などのトラブル 

消費者金融などで出来る限り安い金利でお金を借りたい。もっと旨い具合にお金を借りられるところはないか。など、借り手はたいていこう思うでしょう。

この場合違法な手口を使う悪質な金融業者は、このような消費者の願いを逆手に取って利益を得る手口をいくつも持っています。「低金利で融資をします」という、いかにももっともらしいチラシやダイレクトメールを使って客をおびき寄せる、紹介屋という人たちがいます。

この時紹介されるのは、チラシを扱っているところとは全く別の業者なのです。彼らは、実際は紹介も何もしていません。それでも手数料がかかると称して法外な額を要求し、関連性のないサラ金業者を勧めるのです。

また、整理屋と呼ばれる手口があります。これは多重債権者に低金利でのローンの一本化を勧めるという形で声をかけてきます。弁護士が債権者(サラ金業者)の間に立って債権を整理することができるという話をされ、キャッシングを整理したようなふりをして以前よりは少ない返済額を求めてきます。いい話のようにも聞こえるのですが、実際はその金は返済されず、整理屋の懐に収められてしまうという仕組みです。


また払込金を整理手付金として取られたり、債務がなかなか減らず、結局は損をするだけの悪質な手口です。闇金融というのもよく聞いたことがあるでしょう。

闇金融は出資法の上限金利29.2%を大幅にオーバーした高金利でお金を貸す無登録の業者です。例えば10日で1割は、年率365%という高金利になります。人の困っているところにつけ込むことは、悪質な業者の常套手段です。融資条件や審査条件のよさそうな話には裏がある可能性がありますので、高額融資や低金利をうたう広告には十分に注意をしましょう。
スポンサーサイト


借り入れの注意点
消費者金融の借り入れをするときの 審査の方法や注意点


審査や金利などをよく理解してから借り入れを行い、無理な計画を立てないようにするためには?
FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。