スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ローン借入時の注意点 

消費者金融などで借り入れをしたとすると、この返済は長期に渡って続くので、何事もなく平穏な時はともかく、その月の返済に支障を来すほどのトラブルや突然の出費が発生することも時にはありえます。

ローンの返済計画通りにこれまで順調に返していたのに、突発的な交通事故や冠婚葬祭などで返済に回せるお金がなくなることがないとは言い切れません。工面がつかない場合、短絡的に考えれば、別なキャッシング会社を利用して借りたお金を返済に当てる、消費者金融機関の借り換えなどのという方法が最も簡単そうです。

けれど、借り換えは大変危険な行為です。カードを作り、一度借りると以後の借り入れがしやすくなります。利息は別々につきますから、どんどんカードのキャッシング返済がきつくなるだけです。

ダメ元で利用しているキャッシング会社に返済について問い合わせることで融通をしてもらえる場合もあります。その月だけしのげれば後の返済は何とかなるのなら、その月の約定日は利息だけを支払えば最低限の返済義務は満たされたとみなされます。

返すお金の総額は結果的には増えますが、急な事態には対処できます。返済日に返せるお金がないからと連絡もせずそのままにしておくと、キャッシング会社側から担当者の名前で電話をかけてきます。

この場合、カードキャッシングの会社名を名乗ることはありません。しかし返済が間に合わなさそうなら事前に連絡しておく必要があります。「事故情報」という情報があり、返済日が一定期日以上遅れると記される仕組みです。

カードキャッシング会社が情報を出し合っている信用情報機関に「延滞」という情報が5年間の間記録されています。「延滞」記録がついた人は、ローンやクレジットカード、消費者金融の審査がうまくいかなくなるケースがあります。

返済時の手続きと借りる時の手続きを比べると、むしろ借りる時の方が難しいはずですが、同じ場所に赴くにしても返済日の方が行きにくいようです。無事に返済を済ませるためにも、早く返済をしてしまいたいという気持ちを持つくらいがちょうどいいかもしれません。

スポンサーサイト
借り入れの注意点
消費者金融の借り入れをするときの 審査の方法や注意点


審査や金利などをよく理解してから借り入れを行い、無理な計画を立てないようにするためには?
FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。