スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キャッシングのブラックリスト 

消費者金融を利用するときには必ず審査というものが存在しますが、そのローン審査がぜったいに通らない人がいます。それはいわゆるブラックリストというものにのっている人です。

ブラックリストというのはどんなものなのでしょうか。ブラックリストと聞くとなんとなく要注意人物の名前が載った名簿のようなものを想像してしまいますが、実際はそうではありません。

ブラックリストとは実は個人信用情報機関というところに一定期間のクレジット支払いが遅れた人の情報が登録されているリストのことです。通常の返済の遅れと一線を画した情報として、3ヶ月もしくは12ヶ月の延滞記録は残されます。正確には、これらの延滞記録は遅延情報、事故情報、移動情報などと呼ばれています。


ここに情報が載ることをいわゆるブラック情報と呼び、ブラックリストととはこのことなのです。ショッピングローンを利用しようと思ってもこのブラックリストに載っている場合はまず不可能だと考えてよいでしょう。


どのくらいの支払い遅延からこのブラックリストに登録されるのでしょうか。それは本来の支払い期限から3ヶ月支払いが遅れた時点で登録され、事故扱いとなり事故情報が登録されてしまうのです。


このブラックリストの事故情報は登録されてから最低5年間は消えません。この情報が消えるまではショッピングローンはおろかどんな融資(住宅ローンなど)も受けることができません。

どんな融資も審査を通らないと利用させてもらえませんし、信用情報機関に事故情報が載っている限り審査は通りません。


この間に融資を受けることは非常に困難です。たとえどんな理由であれ、一度でも返済を滞らせてしまうことでその後の影響は甚大です。返済に困るようなことにならないよう、ショッピングローンを組む時でも返済は計画的に行いましょう。

スポンサーサイト
借り入れの注意点
消費者金融の借り入れをするときの 審査の方法や注意点


審査や金利などをよく理解してから借り入れを行い、無理な計画を立てないようにするためには?
FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。