スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


消費者金融と金利 

消費者金融が一般的になる前にはサラ金業者がありました。サラ金を利用する際に、最初に確認すべきことは金利についてです。

金利をあまく見ていると大変なことになってしまいます。金利についてはしっかりと把握しておきましょう。金利とは、単純にいってお金を借りる際に発生するレンタル料です。

契約時に決めた金利に基づいて計算した利息を、借りたお金に加えた額が返済総額です。つまり、借入金より高い金額を返済しなければなりません。
金利は現在、利息制限法と出資法の二つの法律の規制の元、サラ金業者を含め金融業者各社が独自の設定を行い決定されており一定ではありません。

出資法の上限金利は年率29.2%で、1年後に返済した利息が元金の29.2%を越えた場合は違法として罰せられます。利子が大きすぎないかは必ず確認しましょう。

金利の上限である29.2%は2006年9月に20%に引き下げる見直し案が国会で了承されました。具体的な引き下げは法改正から3年後、その後2年間に限り25.5%までの金利を認めるとしています。

金利上限や仕組みについては、サラ金を利用する前にしっかりと調べて知っておくべきでしょう。返済が終わるまでの時間を長く設定するほど利息は増加します。

利息は日割り計算なので、100万円を年利29.2%で借りて10回に分けて10ヶ月で返済する場合と20回に分けて20ヶ月で返済する場合は、利息にかなり差が出ます。月々10万円ずつの返済では1年間近くかかって利息は15万円程度ですが、3万円ずつ返済する時は6年近くかかり、利息だけで100万円を越えるのです。

スポンサーサイト

消費者金融業者とは 

消費者金融は、昔消費者金融と呼ばれていたものに似ています。消費者金融を扱う業者を消費者金融業者と呼びます。

急ぎでお金が必要な時に、比較的に緩い条件でお金を貸し付けてくれるので、いざという時に重宝します。消費者金融と呼ばれるものです。消費者金融と同じ役割ですね。何かと怖いイメージがいっぱいの消費者金融業者。消費者金融業者とはいったいどんな業者なのでしょう。消費者金融は一般の人々に小口の融資をし返済時の利子によって利益を得ます。

銀行から貸し付けを希望する時は消費者金融よりずっと審査に時間がかかりますし、限度額も厳しく担保を決めた上でなければ融資がされません。

担保とは、返済の不履行に備えて用意するものです。借りたお金の返済が滞った場合、担保が銀行に提供されることになります。また借りた人は銀行に利子をつけて返さなければなりません。この利子が銀行の儲けになるのです。

消費者金融の場合は審査の時間が短く、担保なしでお金を借りることができます。必要なものは保険証や免許証だけで、ただしその分金利が高めです。もし借りたお金を返せない人がたくさん出てきたら、貸す側は損ばかりです。

消費者金融業者は返済不履行者の損を穴埋めするために、金利を高く設定し利息を多めに回収しています。消費者金融を利用する方法は顧客のニーズによって多様化しつつあり、全国各地にある無人機やATMが使われています。

パソコン画面からインターネットで申し込みをする方法も増えてきて、従来より簡単に融資を受けやすくなっています。ですが、審査が甘く借りやすい業者の中には、非合法の悪質な闇金業者もいます。消費者金融からお金を借りる時は、借り入れから返済までの全体像を把握し、賢く使うことが必要です。



消費者金融などのトラブル 

消費者金融などで出来る限り安い金利でお金を借りたい。もっと旨い具合にお金を借りられるところはないか。など、借り手はたいていこう思うでしょう。

この場合違法な手口を使う悪質な金融業者は、このような消費者の願いを逆手に取って利益を得る手口をいくつも持っています。「低金利で融資をします」という、いかにももっともらしいチラシやダイレクトメールを使って客をおびき寄せる、紹介屋という人たちがいます。

この時紹介されるのは、チラシを扱っているところとは全く別の業者なのです。彼らは、実際は紹介も何もしていません。それでも手数料がかかると称して法外な額を要求し、関連性のないサラ金業者を勧めるのです。

また、整理屋と呼ばれる手口があります。これは多重債権者に低金利でのローンの一本化を勧めるという形で声をかけてきます。弁護士が債権者(サラ金業者)の間に立って債権を整理することができるという話をされ、キャッシングを整理したようなふりをして以前よりは少ない返済額を求めてきます。いい話のようにも聞こえるのですが、実際はその金は返済されず、整理屋の懐に収められてしまうという仕組みです。


また払込金を整理手付金として取られたり、債務がなかなか減らず、結局は損をするだけの悪質な手口です。闇金融というのもよく聞いたことがあるでしょう。

闇金融は出資法の上限金利29.2%を大幅にオーバーした高金利でお金を貸す無登録の業者です。例えば10日で1割は、年率365%という高金利になります。人の困っているところにつけ込むことは、悪質な業者の常套手段です。融資条件や審査条件のよさそうな話には裏がある可能性がありますので、高額融資や低金利をうたう広告には十分に注意をしましょう。

消費者金融でお金を借りやすい人 

消費者金融でお金を借りるに、20歳以上で安定した収入があることが、消費者金融のキャッシングローンを利用するための最低条件です。そこに職業や年齢、年収などの情報に基づいて融資のための審査が行われます。

キャッシング会社は、信用情報機関に照合して過去履歴を確認します。各消費者金融が加盟している個人信用情報機関があります。そこには他社の利用状況、返済状況などが一定期間記録されています。

ここで借り入れ前歴が少なく、延滞がなくきちんと返済している人は借りやすい人です。公務員やサラリーマン、離職率の低い職業は審査に通りやすく、楽に借り入れができます。安定した収入のある人は審査に通りやすいですが、これは収入額より安定性を重んじているためです。

定職についていない人は、返済能力がないと見なされるために審査を通ることができません。また、自分の家に家族と住んでいる人は返済意志が強いと思われているため、持ち家のある人は楽に借り入れができるようです。

このように、融資の条件は種種様々ですが、審査要件を満たせなくてもまだ希望はあります。現在はカードキャッシングも多様化しており、審査基準も様々です。審査の甘い金融商品もありますので、色々探してみましょう。

消費者金融で借入をする前に 

消費者金融で借入をする前にどうしたら借入をすることが回避できるかを考えます、。その場合、お金を借りる先ははまず親か知人であり、そうでなければ消費者金融を利用してお金を調達するという人が大多数とは思いますが、それ以外にもお金を借りる方法があることを知っているでしょうか。


たとえば定期預金を利用しているならば、銀行から定期預金残高の9割近くまでのお金を借りることができるのです。郵便局の場合はゆうゆうローンというものがあって、定期預金の9割を目安にお金を借りられるようになっています。


この場合の金利は預金金利に0.5%程度を上乗せした額になります。消費者金融と比べると明らかに低金利ですから、定期預金をしているのであれば、まずはそこからお金を借りる方法を検討することをお勧めします。

それから、これはあまり知られていない方法ですが、保険会社からお金を借りるという方法もあるのです。契約者貸付制度というもので、満期に返戻金があるタイプの保険に限ります。近頃では年金感覚で保険に入っている人も多いと聞きますし、お金を借りる方法としてはなかなかいいものかもしれません。

カード会社によって金利は異なっていて、限度額は返戻金の8割程度となっています。これは少々抵抗があるお金を借りる方法かもしれませんが、会社から給料の前払いという形でお金を借りるという方法もあります。

しかしこれは労働基準局で定められている権利ですから、社員から申し出があれば会社は一方的に断ることもできないのです。方策がないのであれば、会社に相談してみることもお金を借りる法方として決して悪いことではありません。

借り入れの注意点
消費者金融の借り入れをするときの 審査の方法や注意点


審査や金利などをよく理解してから借り入れを行い、無理な計画を立てないようにするためには?
FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。